News & Information

HPV(ヒトパピローマウィルス)ワクチンの定期接種はガーダシルで行います(11月15日更新)

2020.11.09

詳細はこちらをクリックしてください


2013年6月14日の『積極的な接種勧奨の一時差し控え』以降HPV ワクチンの接種率は1%未満に低下した状況が続いています わかりにくい行政用語の「積極的な勧奨接種」とは “各家庭にハガキ等で接種対象年齢を通知して接種を勧めること”を指しています つまり 「定期接種のまま積極的勧奨を中止する」とは 「定期接種なので接種をお勧めしますが 個別通知によるお勧めはしませんよ」という意味です
日本では 毎年約10,000人が子宮頸がんに罹患し 約2,800人が死亡しています 近年では20代から40代での罹患数の増加が著しく 若年者を守る対策が急務です 
こうした状況を受けて、独自の取り組みで個別の勧奨をする地方自治体も徐々に増えてきました ワクチン接種後に注射部位に限らない激しい痛み しびれや脱力等があらわれ長期間症状が持続するとの報告があります (1.5件/10万回接種)が  このような症状はワクチン接種と関係なく思春期の女の子に見られることが最近の研究でわかっています 
海外からの報告でHPVワクチンの有効性が示され 現在日本では2価と4価のHPVワクチンが接種可能です より予防効果の高い9価HPVワクチンも承認されましたが発売時期は未定で 定期接種での使用はさらに先になります 今あるワクチンを早めに接種してください
なお 令和2年10月9日、厚生労働省からこの予防接種について検討・判断するために必要な情報を個別通知する旨の通達がありました。これにより、HPVワクチンに関する個別案内を行う自治体が増えていること等を背景として HPVワクチンの需要が増加しており サーバリックスについては 出荷量の調整が行われることになりました このためHPVワクチンの初回接種はガーダシルで行います

診療予約システムはこちらから

携帯電話やパソコンからご予約ください。
ご利用希望の方は、コチラから受付けページにアクセス!
右記のQRコードからもアクセスできます!

QR
問診票ダウンロード

診療のご案内

  • 診療科目
    小児科
    健診・予防接種、育児相談
  • 診療日・時間
  • 休診日
    土曜午後、日曜、祝日

アクセスマップ

〒381-0043 長野市吉田5丁目1-24
パークビル1階
TEL:026-219-6962
FAX:026-219-6963